野見ケ岳(1)

野見ケ岳 (のみがだけ:678m)

 2019・6・21 (金)
 曇り
 ADさん夫婦、つか
 南越前町 牧谷(魚見)峠

天気も今一つなので、近場でどこかないかと急に決めた野見ケ岳。
今年は林道も開通しているので迷わず峠からです(笑)

【8:55】 牧谷(魚見)峠にあるログハウスより出発します。今日は蒸し暑くなりそうです。
画像

ハウス前にはウツボグサがいっぱいで驚き。
画像

ホノケ山も霞みます。
画像


急な階段を上がりしばらく行けば学習歩道から「岩谷山」への分岐が右手にあります。標識等は無しです。
画像

ADさんはまだ未踏との事なのでまずはこちらを先に行って見ます。
まだ新しい周回の道で、テープも多くぶら下がっています。でも一か所谷の方へ下る分岐があり、そこにもテープがぶら下がるので注意が必要です。
10分ほどで岩谷山(708.8m)の山頂に出ます。三角点があるだけで展望は無しです。
画像

水分を採って学習歩道へ下ります。こちらの道は以前からあるのでしっかりしています。
ナツハゼ。
画像

初めて見た長い触角を持つ昆虫がいました。
画像


少しのブナ林を歩きます。イチヤクソウを探すが見当たりませんでした。
画像

急な階段の途中から岩谷山を振り返ります。
画像

登りきった所が683mのピークで、地元の方はここを山頂にしているようです。(峠や池の看板より想像)

斑入りになった若いササが目立ちます。
画像

ネジキの花が残っていてくれました。ここまでほとんど花が無かったのでうれしいです。
画像


【10:00】 武周ケ池に出ますが、まずは山頂へ行って見ます。
文室からの道と合流すればコアジサイがきれいです。
画像

鉄塔のある山頂(678m)に出ます。国土地理院の地図ではここが山頂になっています。
画像

ここでようやくササユリが迎えてくれました。
画像
画像
画像

ヤマツツジも一つだけですが咲いています。
画像

山頂でのADさん。
画像


【10:20】 池へ戻り、湖畔を周回してみます。
画像

モリアオガエルが産卵中で、激しく足を動かしていました。三匹くらいいたような??
しばし三人で観察しました。
画像

イワガラミ。
画像

ブナ林にあるこの石碑。なんて彫ってあるのだろうか?達筆で読めません「龍神」????
画像

湖畔のブナ林です。ここは紅葉もお勧めです。
画像

うまく撮れないな~
画像

池に浮かぶヒルムシロ。
画像

林床にはツルアリドオシが多く咲いています。これは花弁が5枚です。
画像

案内板の野見ケ岳の標高は683m。
画像



時間も早いので、お昼はログハウスで取ることにして下山します。
アクシバ。
画像

学習歩道はコアジサイロードですが一週間遅かったです(泣)全部の花に合わせるのは無理ですね。ノギランはこれからです。
ジシバリ。
画像


【11:20】 峠に戻り、小屋内をチェックするADさん。
画像

ログハウスの高床の床下で昼食にします。風が通って涼しいです。
今日は私達三人だけの山でした。地味な山だからかな?
画像


峠に咲いていた花たち。
ネギ坊主のアサツキ?。
画像

これは葉が輪生だったのでツルマンネングサだと思います。
画像

ヨツバヒヨドリ。登山道にはなかったです。
画像

ハナニガナ。
画像


峠の反対側にも階段の登山道がありますが、段ノ岳へでもいけるのだろうか?

帰りに治左川のバイカモを見てきました。
画像
画像

いっぱい咲いています。ここのバイカモはほとんど水面に顔を出しています。
画像
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック