簗谷山(1)

簗谷山 (やなだにやま:1214m)

 2019・5・4 (土)
 晴れ
 えいいちさん、つか
 岐阜県郡上市金山町
画像


えいいちさんより、GWにどこか行けませんかとメールがあり、最初伊吹山も検討しました。
でもまだ花も少なく、登山者も多すぎるだろうと却下。
それで、クマガイソウとヤマシャクが同時に見れるこの山に決めました。
でもここは福井から約3時間と遠いんだな~
上志比の道の駅「禅の里」で待ち合わせるも、車中泊の県外車で埋め尽くされていました。
これにはびっくりです。温泉があるのが魅力なんでしょうね。
何とか車を止め、5時15分ごろ出発します。

【8:05】 郡上八幡より、岩屋ダム経由でようやく登山口に到着です。
ここは10台程度しか止められなく不安でしたが、余裕で止められました。その後続々入ってきました。
画像

身支度をして、石の階段がある登山口を出発します。
画像

すぐに分岐があり、「南尾根ルート」で上がります。新しい標識には森林浴回廊となっています。
画像

辺りは新緑真っ盛りで、標識通り森林浴を楽しみながら歩きます。
画像


結構な急斜面だが、ジグザグに道が付いているので助かります。
ニガイチゴ。
画像

紫のニシキゴロモは至る所で目につきました。
画像

登山口より20分ごろで下草の無い斜面に緑の塊。そうクマガイソウの群落に出ます。
まだ少し早かったので葉っぱも全開でなく、あのグロテスクなお顔も緑色でした。
画像
画像

下草の無い林床で石灰岩がゴロゴロしています。
画像


ゆるゆると高度を上げれば、樹間から御嶽山が見えだしてきました。
今日は展望も期待大です。
画像

フデリンドウ。
画像

こんな枯れ沢が多く見られます。ここは石灰岩の山で水を通してしまうのでしょうね。
そういえば、来るとき○○鍾乳洞の案内をいくつか目にしました。
アルカリの土壌なのか普通の野山で見られる植物が少ない感じです。
画像


ハウチワカエデが新鮮。
画像

色の薄いミツバツツジ。
画像
画像

お~これは初めてのシロバナのフデリンドウです。
画像

ユキザサはこれからですね。
画像


【9:10】 小鹿の涙(滝) 涙とは思えない水量の多さでした。
画像
画像

フタリシズカがスタンバイしていました。
画像

イワタバコの若葉の時期はしわくしゃなんですね。
画像


アセビが満開です。
画像

ブナの新緑がまぶしい~
画像

登山口の案内板には赤・白ヤシオの群生とあったが見当たりませんでした。今年はウラ年?
見上げればハウチワカエデで真っ赤でした。
画像

お~白ヤシオかと思ったが、ムシカリでした。
画像

御嶽山が大きく見えてきました。
画像

この山はシロモジだらけでクロモジは見当たりません。
画像


【10:05】 岳美岩(だけびいわ?)へ寄っていきます。(4分ほど下ります)
一枚岩の上からアルプスの展望も良いけど、萌黄色の谷が印象的でした。
画像


【10:20】 山頂(1213.6m)
画像

アルプスに詳しいえいいちさんより山座同定してもらいます。
左より薬師岳、黒部五郎岳、笠ケ岳、穂高連峰(槍は目立ちません)乗鞍岳、御嶽山、遠く恵那山の三角の姿がわかりました。
画像

御嶽山をズーム。噴煙がまっすぐ上がっています。
画像


【11:00】 早めの昼食を取り、山頂も賑わってきたので「ぶなの木ルート」で下山します。
ワンちゃんも上がってきました。
画像

名前の通り大きなブナがあります。
画像

大木が道をふさいでいるのでここは迂回します。
画像

しばらくは笹原の急な尾根道になります。
画像

フモトスミレにタニギキョウ。
画像
画像


【11:45】 水場まで下れば楽しみにしていたヤマシャクヤクが咲いていてくれました。
画像
画像

ほんのり薄黄色です。
画像

フデリンドウも可愛いです。
画像

コチャルメルソウ。
画像

3回ほど渡渉しますが、水量は少ないので問題なしでした。
画像

初めてのワチガイソウがたくさん咲いています。こんな小さい花なんだ~
画像
画像

残念ながらもう終わっていたエイザンスミレ。初めてだったので見たかったな~
画像

タチツボスミレは元気です。
画像


【12:20】 登山口へ戻ります。一時は満車になったのか林道の広場にも何台か止めてありました。
画像


帰路は明宝の方へ回りましたが、ダムからの方が走りやすい感じでした。
GWですのであちこちで渋滞がありました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

えいいち
2019年05月05日 16:17
つかさんお疲れ様でした。
岐阜の奥深い所の山、一人では中々出掛ける事が出来ません。お誘いいただき有難う御座いました。
二種類の初めての花も見る事が出来て良かったです。
展望も本当に良かったですね♪
又( `・∀・´)ノヨロシクです。
つか
2019年05月05日 17:03
こちらこそ運転ありがとうございました。
お目当ての花も咲いていて良かったです。
折角の遠出なので何もなしではね。
天気も味方してくれて素晴らしい展望も楽しめました。
2019年05月05日 19:28
 遠方へお出かけになりましたか
渋滞に巻き込まれるのは覚悟が?
クマガイソウの緑色は此れまで見た事が無かったです
完成品は勿論ですが…
そこへ行くまでの状態を見るのもいいですね
ヤマシャクヤク綺麗ですね
沢山咲いていましたか
mimi
2019年05月05日 20:21
こんばんは
簗谷山 初めて聞く山ですが
つかさん家から3時間とは遠いですね
凄いクマガイソウの群生地 残念でしたね
ヤマシャクには出会えて良かったですね
とっても綺麗ですね
フデリンドウやワチガイソウなど
多くの花に出逢える山なんですね
私たちも地元のヤマシャクに逢いに行く
予定でしたが野暮用ができていけませんでした
つか
2019年05月05日 20:40
☆ ごもっ友さん

クマガイソウはあと5日ほど早かった感じです。
探せば結構グロなお顔のもありましたけど。
ヤマシャクはここのはまだ若い木なのか花が小さめでした。数は結構ありましたよ。
ネットで見れば小鹿の涙辺りにも咲くらしいです。

日ごろは渋滞に慣れていないので少しの停滞でもイライラします。
つか
2019年05月05日 20:43
☆ mimiさん

ここは結構山奥ですね。車道も一車線の所が多いです。
家からだと4時間くらいかかりますね。
ヤマシャクは賞味期間が短いのでラッキーでした。
2019年05月05日 21:00
お疲れ様でした。
クマガイソウは残念でしたけれど、蕾の状態は見たことが無かったので、それも良かったのでは?
ヤマシャクは咲き始めできれいですね。
ワチガイソウ見たことがないので、咲き続けていて欲しいです。
毎年、花の組み合わせがずれてますね。
つか
2019年05月06日 08:43
☆ 一歩二歩山歩さん

初めての山はやはり楽しいですね。
天気も良かったので残雪のアルプスが一望できて満足です。最近保田も行ってなくて、久しぶりの山シャクヤクに出会えました。
山の会の引率ご苦労様です。

この記事へのトラックバック