バンビライン(1)

バンビライン (372m)

 2019・4・8 (月)
 晴れ
 ADご夫婦、つか
 勝山市 遅羽(おそわ)町 勝山駅裏
画像


今年初めての奥越の山へ遠征です。
冬季は私には手に負えない山ばかりなので、春山で私好みのこの山を選びました。
ADさんも急遽お誘いしまして、話を伺えばこの山は初めてとのことで意外でした。

【9:35】 勝山駅の無料駐車場に車を止め、出発します。
画像

いきなり、ミチノクエンゴサクがわんさかです。このエンゴサクは他ではあまり見かけませんです。
画像

花数や、葉の幅が少し違うのもありますね。
画像

ハクサンハタザオは登り口の所にだけ群生しています。
画像

これはよく見かけるヤマエンゴサクで、横には生まれたてなのか黄色っぽいのもありました。
画像

ここのタチツボスミレはでっかいです。
画像

カキドオシ。
画像

いわっちさんが後から花見に追いつてきました。第二展望台手前までご一緒しました。
ミヤマハコベ。ハコベの中では花が大きいです。 
画像


【10:00】 第一展望台からの法恩寺山と経ケ岳。桜も満開です。
画像

カタクリが斜面にいっぱいで見事です。カタクリ祭り(4/14)まで持つといいですね。
画像

画像

仲良しの3人です。
画像

ミノコバイモはもう終盤でした。
画像


稜線までは急坂が続きますが、花が多いので苦しさを紛らわしてくれます。
ハートの縁取りが可愛いイカリソウ。純白ですね。
画像

アオイスミレかな。
画像

これはシハイスミレです。
画像

距が長いナガハシスミレ。
画像


【10:30】 第二展望台。ここまでも結構な急坂でしたのでしばらく休憩。
真っ白の白山が頭だけ見せてくれます。
画像

残雪の越前甲が美形で迫ります。
画像

これはクロモジに似ていますが、まだ葉が開いてなく、花数も多いのでシロモジだと思われます。
葉が広がれば判るのですがね。
画像

この先も何回となくコブを越して行きます。

【10:55】 山頂の三等三角点(比島) 10cm伸びて371.8mになりました。
画像

芽吹きです。
画像

ヤマザクラかキンキマメザクラ?
画像

キケマン。今年初見です。
画像
 
ツノハシバミの雌花?
画像

知らぬ間に第三展望台は通過してしまったようなので、日当たりの良い所に腰を下ろして昼食にします。誰も来ないので登山道脇でも構いませんでした。
ヒオドシチョウが離れません。
画像


この先からブナの芽吹きが始まっていて、新緑が目に沁みます。おまけにウグイスの鳴き声を初めて聞けました。
画像
画像

芽吹きの中を歩きます。
画像

タムシバが咲いてきました。
画像

もうすぐ賑わう保田の経ケ岳。
画像

白山は早くも雲の中へ入ってしまいました。(昼からは下り坂の予報です)
画像


【12:15】 比島観音へ下ります。
画像

ブナの根元のシュンラン。葉っぱが食べられていて花も付いていませんでした。(バンビ山なので鹿さんかな)
画像

こちら側にも少しカタクリがありました。
画像

比島観音堂。
画像

辺りはミヤマカタバミが多いですが、美しい姿は少ないです。
画像
画像

ウリカエデのかんざしが垂れてきています。
画像

シハイスミレの塊。
画像

最後のキクザキイチゲです。
画像


【12:45】 比島側の登山口へ下山です。ヤマルリソウがてんこ盛りでした。
画像

ここから農道をたどり、比島駅へ向かいます。
田んぼの畔に咲くキジムシロ。
画像

ニリンソウは咲き始め。
画像

ウマノアシガタが咲いています。
画像


【13:00】 いつもは勝山まで歩くのですが、初めてえち鉄に一駅ですが乗車してみます。
画像

丁度15分待ちで電車がありました。
画像

一両の電車が入ってきました。整理券を取り、車内でアテンダントより切符を購入します(150円)
画像

すぐに終点勝山駅でしたが、良い思い出になりました。

まだ天候の崩れが無いようなので、北谷のミチノクフクジュソウを見に行きます。
しかし、もう終盤で花びらの先端は白くなっているのばかりでした。
そして今年は花が小さいですね。
そんな中、元気なのを選んでの撮影でした。
画像
画像
画像


帰路、すぐに雨が落ちてきて間一髪セーフでした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年04月09日 20:12
エンゴサクやスミレは違いが全くわかりません。
というか、覚えられません。
さすがですね。

最後のシュンランは以前すごく花を持っていた立派なシュンランでしたか?残念な姿になってしまいましたね。
つか
2019年04月10日 08:53
☆ 一歩二歩山歩さん

スミレなど厳密に区分すれば違いはさっぱりですが大雑把にまとめています。
このシュンランは期待していたのですが、動物に食べられたのでしょうね。でも株ごと掘られたのでないので来年に期待ですね。本来山は動物のものだったので仕方ないですね。動物も生きる権利がありますから。
2019年04月11日 08:48
 昨年は白のカタクリを見つけられずでした
が矢張りありませんでしたか
ヒオドシチョウとやら
甘い香に誘われて離れがたし
のご様子ですね
つか
2019年04月11日 10:20
☆ ごもっ友さん

いつも話題になっていた白のカタクリは目に留まりませんでした。
シュンランも無かったしね(泣)
このチョウは食事中ずっと周りを飛び回っていました。
カップメンのにおいが好きなのかな?

この記事へのトラックバック