鞍掛山(1)

鞍掛山 (くらかけやま:478m)

 2019・3・15 (金)
 晴れのち曇り
 一歩二歩山歩さん、TJさん、いわっちさん、つか
 石川県小松市滝ケ原町
画像

ここ鞍掛山に「赤いマンサク」が咲いているそうなので、プチ遠征しました。
ここは10年以上前に、マイナーな鶴ケ滝コースで一度だけ歩いているだけです。
今日はメインの西ノ谷コースで上がり、行者岩コースで下る予定にします。
どんな山なのか楽しみです。

鞍掛山を愛する会のhpによると、鞍掛山は全国に21座あり、何と福井県にもあるみたいです。
加賀低山徘徊部のブログに詳細が記載されています。

【9:30】 駐車場はすでに片側半分が埋まっていました。人気の山なのですね。
画像

案内板で今日のコースを確認していきます。
画像

杉の中の林道をしばらく行けば、西ノ谷登山道への分岐があります。
画像

オウレンが賑やかになってきます。これは茎が緑色をしています。
画像

すぐに岩がごつごつの急登が始まります。鬼ケ岳より厳しいです。
画像

ガマズミの開花準備が始まっています。
画像

ここはマンサクが多い山みたいであちこちで見られます。
画像

お~これが例の赤いマンサクかな?芯は赤い帯ですが、縁は黄色です。
画像

どこまでも続く急な道。足が上がらなくなります(泣)
画像


【10:00】 船見平にやっと出ます。とんがりの山頂がまだ立ちはだかって見えています。フウ~
画像

アセビが満開です。
画像

これも赤っぽいマンサク。
画像
ついに出ました。これはまさしく「赤マンサク」ですね♬
画像
画像

ネジキの芽吹きが始まっています。
画像

ショウジョウバカマもちょこっと顔出しです。
画像

「龍の脊」と言われる岩尾根を行きます。
画像

小松市方面が開けます。
画像

まだ昨年の枯れ葉が付いたままのマンサク。
画像

登山道わきには一昨日のと思われる雪が少し残っています。今週は寒かったです。
画像


【10:40】急登もようやく終わり、九十九折れの道となり、山頂へ飛び出しました。
白山は残念ながら雲の中でした。
画像

富士写ケ岳。
画像

大日ケ岳。
画像

山頂はマンサクでいっぱいです。
画像

山頂に居た方に写真を撮ってもらいます。
画像

その後避難小屋へ下り、日当たりの良いベンチで昼食とします。
ここでも赤っぽいマンサクに出会いました。
画像

避難小屋の内部の様子です。
画像


【11:25】 行者岩コースで下山します。
しばらく下れば、大きな行者岩(トンビ岩)が現れます。私はあがりませ~ん。
画像

岩の下のえぐられた所には鞍掛山千手観音が鎮座しています。
画像

岩の横には仙人滝が落ちています。ここも修行場だったんでしょうね。
画像

カンアオイの花がいっぱい並んで咲いています。
画像

初めて見るヒュウガミズキが咲いていました♬
その後、林道までにも多く咲いています。
画像
画像

沢の中にケルンが積んであります??
画像

キクザキイチゲ。
画像
画像


【12:35頃】 駐車場へ無事下山です。
この山は気基本的には岩山で、急登も多く標高の割には手ごわい山でした。
でも岩などは削ってステップがつけられている等整備がなされていて助かりました。


二次会は小松市で花めぐりです。
色鮮やかな雪割草(スハマソウ)がいっぱいです。
画像
画像
画像
画像
画像

ここでは白色をみると新鮮でした。
画像
画像


次へ移動します。
茎の色が緑のオウレン。
画像

すごいミスミソウの群生です。
画像
画像

こんな派手なのもあります。
画像
画像

綺麗です。
画像

白色もやはりいいですね。
画像
画像


そうこうしていれば予報通り雨がポツポツ落ちてきたので帰ります。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年03月16日 19:37
 赤いマンサクを見た事が無いので
つくづく拝見しました
スハマソウとミスミソウの
両方とも見られたのですねv(^^)v
つか
2019年03月16日 20:35
☆ ごもっ友さん

赤いと言えば赤いですが、黄色と赤が混じったマンサクですね。
スハマかミスミかははっきりしませんが葉っぱのとんがり具合でなんとなくです。(笑)

この記事へのトラックバック