綿向山(1)

綿向山 (わたむきやま:1110m)

 2019・2・14 (木)
 曇り
 ADさん夫婦、なづきさん夫婦一歩二歩山歩さんいわっちさん、YDさん(お初です)、つか
 滋賀県日野町 御幸橋駐車場
画像


以前より、ここの霧氷は素晴らしいと聞いていたが、なかなか訪れる機会がありませんでした。
前回、ADさんと野坂を歩いた時「今度は綿向山だね」と話していました。
今回は福井組の5人が加わり、出かけてみました。いわっちさんを除き、全員初めての山です。

【5:30】 武生ICを出発し、八日市ICで高速を降り、登山口へ向かいます。
【7:10】 バス停の所でトイレを済まし、御幸橋駐車場に到着。なんと一番乗りでした。
しばらくで、福井組も到着です。
画像

駐車場からは霧氷は付いていそうに見えますが、山の半分より上はガスの中で、期待と不安がよぎります。
画像

表参道コースで、はじめは沢沿いの林道を上がります。途中、臨時駐車場が2か所ほどありました。
画像

むずかしい説明ですが、天然記念物だそうです。猫に小判ですね。
画像


【7:58】 最初の小屋「ヒミズ谷出会小屋」。ここから本格的に山道になります。
画像

この山も鈴鹿国定公園に入っているのですね。
画像

杉林の中ジグザグの道から一旦三合目の林道へ出て、再び山道へ入ります。
画像


【8:40】 あざみ小舎はスルーします。
画像

徐々に雪も増えてきて、辺りには小エビが見られるようになります。
画像

葉っぱの縁取りが素敵に見えます。
画像


【8:57】 五合目小屋にてアイゼンを付けることにします。ここには「夢咲の鐘」なるものがありカランカランと鳴らしていきます。夢が叶うの?
画像

ここから、待望の霧氷街道になってくれます♪♪
画像

青空がほしいな~~~
画像


【9:30】 七合目「行者コバ」に出ます。辺りは霧氷だらけで「きれい~」の連発です。
画像
画像

ここから、冬道の直登コースとなり、風が冷たくなってきます。
画像

こんなトゲトゲは初めて見ました。
画像

小エビからかなり成長してもう伊勢エビですね。
画像

もう霧氷天国。ニコニコ顔で急登の辛さも忘れています。
画像

竜王山方面の分岐。まずは山頂へ向かいます。
画像


【10:05】 山頂に出ました。ほぼ予定通りで、辛さは日野山や野坂とおんなじくらいかな。
画像

大嵩神社も凍っています。
画像

残念ながらガスが覆い、展望はダメでした。
画像

でもご褒美に一瞬だけ鎌ケ岳が姿を見せてくれました。
画像

素晴らしい霧氷の造形に皆さん興奮気味です。
画像
画像

同定盤には氷の雪だるまが乗っています。
画像

山頂は意外にも風がなく、そんなに寒さは感じませんでした。厚着もしてきましたが・・

【10:28】 山頂を後にし、北尾根を少し歩いてみます。
画像

お~モンスターがお出ましです。
画像

ブナの珍変木(幸福ブナ)。なんで幸福になるのかは??ですが、単純にブナの輪をくぐれば笑顔になります。でも一人だとくぐらないだろうな(笑)
画像

雨乞岳に鎌ケ岳がようやく見えてきました。その奥に伊勢湾もうっすら見えています。
画像

竜王山への分岐のピークまで行って見ます。
画像

ナイスな尾根です。
画像

白く輝いているのは霊仙山かな。
画像

雨乞岳も全容を見せてくれます。でかい山ですね。当然未踏ですけど、鎌は登っていますよ。
画像

氷の芸術品です。
画像

麓の東近江市もよく見えています。
画像

雲が薄れ、うっすら日差しも射し込みます。綿向山を振り返ります。
画像


【11:00】 名残惜しいが、おなかも空いたので下山とします。
さすが人気の山で、平日でもどんどん上がってきます。
画像

今日はバレンタインデー。
画像

五合目小屋まで下り、ここで貸し切りの昼食にします。
画像


【12:20】 小屋もだんだん混みあってきたので、引き揚げます。
あざみ小舎でアイゼンを外しましたが、その後も凍っているところがあり、慎重に下ります。
画像

登山口近くで見つけたミツマタ。
画像


【13:45】 ちょっとハプニングもありましたが、無事全員笑顔で駐車場へ戻りました。
画像


こんな霧氷天国は初めての経験で、大変感動しました。何回「きれい~」と言ったでしょうか。
青空は次回のお楽しみに取っておきます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

もっさん
2019年02月15日 18:27
綿向でしたか?
昔アルプスの餓鬼岳へ上るのに、バテバテ
でヒイヒイ云いながら8時間かけて登りま
したが、いつも私の少し上を歩く方たちが
ありました・・・その方が小屋で皆さんに
是非来てくださいと、パンフを配ってくれ
ましたが、それが綿向の会長(他の方がそ
う云ってましたが、何の会長かは不明)で
した。翌日も北陸道で軽々と私の車を抜い
て帰って行かれました。それ以来一度は行
きたいとは思っていますが・・・
つか
2019年02月15日 20:00
☆ もっさん

初の綿向山でしたが、素晴らしい霧氷に出会えましたよ。
2019年02月15日 20:14
昨日はお疲れ様でした。
さすが、つかさん、文章まとまっています。
よく分かります。
またご一緒の登山をお願いします。
2019年02月16日 00:06
昨日はありがとうございました。
おかげで、霧氷を堪能できました。
それにしても、想像以上の素晴らしさ。
すっかり虜になりました。
また、よろしくお願いします。
2019年02月16日 07:29
 綿向山のここばかりは暖冬とならず!
1月に行った時よりも
ますますスゴイ景色になっきていますね
こちらまで霧氷の凄さが伝わって来ました
つか
2019年02月16日 09:39
☆ いわっちさん

素晴らしい霧氷が見れて良かったです。こちらこそまたよろしくお願いします。と言っても低山しか行けませんが(泣)
でもいわっちさんにすれば楽勝の山で、銀杏~部子の方が良かったのではと。
つか
2019年02月16日 09:44
☆ 一歩二歩山歩さん

素晴らしい霧氷にも出会え、青空こそ出ませんでしたがそこそこの展望もあったので充分でしたね。
私の体力にもちょうど手ごろで来年も行きたくなりました
銀杏~部子頑張ってきてください。
つか
2019年02月16日 09:49
☆ ごもっ友さん

初めての綿向山で霧氷を楽しんできました。
これもごもっ友さんのレポが火をつけてくれた感じです。
思ったほど風が強くなかったのでゆっくり山頂で楽しめました。顔は冷たかったですけどね。
早めに下山できたので、セツブンソウでも見に行けばと後悔しました。

この記事へのトラックバック