野坂岳(1)

野坂岳 (のさかやま:914m)

 2019・1・10 (木)
 曇り
 一歩二歩山歩さん、SIさん夫婦、つか
 敦賀市 野坂いこいの森
画像

今年初の雪山として選んだのは「野坂岳」です。ここは常連さんが豊富で、すぐに立派なトレースができるので、初心者でも安心できます。
それに、ブナに海と白山の展望が加わり、魅力たっぷりで楽しめます。

7時頃自宅から外を見れば、東の空が恐ろしいくらい真っ赤に焼けていました。でも日の出前には雲に覆われたみたいです。
画像

冬なので少し早めに家を出ます。

【8:50】 登山口の野坂いこいの森を出発します。すでに10台ほど止められています。
画像

登山口から、2回目の沢を渡るところまでは雪はないです。
画像

橡の木地蔵から雪が多くなってきたので、今年初のアイゼンを装着します。以外にまごつくことなくスムーズに装着完了できました(笑)
画像

山歩さんはスパイク長靴です。
画像

市街の展望が開けてきますが、予報に反しえらく雲が多いです。嶺南の方が良いと思ったのにな~
画像

山頂まで2kmの標識通過。この先もしばらく夏道を行きます。
画像

雪の上に何やら黒い粒々。よく見ると動いていますね。
画像

これはトビムシで、検索してみれば、腹の部分にバネをもって、地面を跳ね回る昆虫で、普通は土壌の中によくみられる昆虫だが、雪の上にもよく見られるそうです。
英語ではスプリングテイル(バネの尻尾)と言い、とくに雪の上のトビムシはスノーフリーと言うそうです。一の岳より上には居なかったです。

シロダモの実はしわくちゃになってきていました。
画像

夏道はまだ雪も少なく安全に歩けます。
画像

曇り空ですが、こんなに遠くからでも白山は輝いていました。
画像

行者岩手前より、折角なので直登の冬道コースに入り体を温めます。
画像

一の岳手前の急登を頑張ります。
画像


【10:05】 一の岳にて休憩。これは金糞岳、横山岳方面です。
画像

お~三の岳に雪の花が咲いているようです。青空が出てくれないかな~
画像

伊吹山の周りは雲海が巻いており、何故か空は薄い茜色になっています。自宅での朝焼けの余韻が残っているのかな?
画像


苔も凍ります。
画像

タニウツギもツルウメモドキもカチコチです。
画像
画像


【10:35】 二の岳に出ます。積雪は5~60cmくらいかな。
ここまで来ると、野坂特有の冷たい風が吹き出しブルブルです。
画像

青空がほしいな~ ブナの枝先は白くなっているのですが・・
画像

ブナ坂のトレースはまだ直登ではないので ホッ!
画像

少し溶けかかったチビエビ。
画像

霧氷も多くなってきました。
画像


【10:50】 三の岳。
画像

霧氷のブナと西方ケ岳の展望を楽しみます。
画像

小屋では、ごもっ友さんに出迎えられました。今年もよろしくお願いします。
画像


【11:00】 山頂に出て、展望を楽しんだり、記念撮影をします。
琵琶湖方面は雲海が流れています。
画像

この曇りの中、白山はまだまだ輝いています。
画像

若狭湾には、青葉山から丹後半島まで見渡せました。
画像

山頂にて。霧氷も少し成長しています。
画像


-3℃の小屋内で温かい甘酒とスープを戴きました。
私たちが山頂まで引っ張り出したので、ごもっ友さんのラーメンが伸びてしまってすみません。
画像

下山前に再度山頂へ行ってみます。寒い中、食事中の方々も居られます。寒そう~
画像


【11:55】 そろそろ下山とします。
今日は気温が上がらず、昼になっても霧氷が残っていました。
画像

白山を正面に見ながら下ります。(一の岳手前)
画像


一の岳からはずっと夏道でゆるゆると下ります。
雪の付いた行者岩と敦賀湾。
画像

橡の木地蔵の先でアイゼンを外します。
画像


【13:20】 無事いこいの森へ下山しました。
結局、最後まで青空は望めませんでした。まあこれも雪山でしょう。

帰り際、車中からの野坂岳です。
画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

なづき
2019年01月11日 21:55
初めての野坂岳です。ご一緒させていただきありがとうございました。春も秋も登ってみたくなった山のひとつになりました🎶 またよろしくお願いしまーす。
2019年01月12日 08:41
 気安くお仲間の中に入ってしまい
お邪魔虫でm(__)m
楽しい時を有難うございました
凍て付いた苔やタニウツギ、
ウメモドキにも目を向けられて
さすがですね
又の出会いを楽しみにしています
もっさん
2019年01月12日 10:39
冬の中休み・・・雪が随分溶けて
いると思ってましたのに・・・
さすが野坂・・・あるんですねぇ~
つか
2019年01月12日 11:36
☆ なづきさん

天気の割には展望が利いて良かったです。なんも見え何だ~では初山としてさみしいですもんね。
まだ雪も少なめでしたが雪山の感触は楽しめたのではと
ここは花はそれほどではないですが四季楽しめる山だと思っています。またご一緒しましょう。
温かいスープごちそうさまでした。
つか
2019年01月12日 12:13
☆ ごもっ友さん

小屋で出会えてうれしかったですよ。またいろいろお話聞かせてください。
今日の新聞に常宮神社のロウバイと寒紅梅が出ていて、訪れたかったなと少し後悔です。
つか
2019年01月12日 12:15
☆ もっさん

まだ夏道も歩けるので少ない方ですね。私にすればもうこれくらいでいいですがね(笑)
2019年01月12日 19:19
お誘いいただきありがとうございました。
野坂ブルーは見られませんでしたが、ごもっ友さんにも会え、展望も良く、充分楽しめました。
完璧でない分、また次回の楽しみになります。
また よろしくお願いします。
つか
2019年01月12日 19:59
☆ 一歩二歩山歩さん

積雪もそこそこあり雪山気分にはなりましたね。
折角霧氷も少しはできていたので青空が欲しかったです。
また是非行きましょう。
SIVA
2019年01月12日 21:00
新年早々に来られていたんですね。
青空は残念でしたが、野坂の樹氷は初めてだったのでは?
たまにしか見られないので、ラッキーだったと思います。
最近ちょくちょく来られているようですが、
もしかして、野坂ファンに?(笑)
つか
2019年01月13日 17:47
☆ SIVAさん

樹氷は昨年の1月に青空の中見させてもらっています。
もう終わりかけではありましたが。
SIVAさんほどではないですが野坂は好きな山の五本の指には入りますね。
でも一番は村国山ですよ(笑)
又お邪魔させてもらいます。

この記事へのトラックバック